ムカッ


タイトル通りの出来事。
ワシ、怒りっぽいのだろうか~?

昨日警察へ行きました。
古物商許可申請のために。
や、ものすごく必要ではないけれど、取っておくといいかな~と。
片手間にネットで古い物を売りたいので。

警察って免許更新の場はすごくにこやかで対応が丁寧だけど、2階、3階と上っていくと雰囲気がガラリと変わる。

実は2月に一度、ネットで調べて書類を揃えて地元の警察の安全課へ行ったのだけど、いろいろ不備があり、対応したおばさん(自分もおばさんだけどさ)がすごい嫌な態度だったので、やめようと思った。
でも、せっかく書類を揃えたところだったので、再チャレンジ。

もしかしたら、違う人が対応するかもしれん、と期待したが、同じ人だった。がるるー

今度もやはり高飛車な対応だったけど、前回言われたところは直し、ぬかりない(はず)だったので、短時間だけ我慢しようと思った。

「前回も言いましたが、同じものがもう1部必要です。用意してますか?」

あるわけないじゃん。
チェックしてもらって、それで大丈夫となって初めてコピーするんでしょーよ。

警察にコピー機はないから、どこかでコピーしてこいと言われ、一度帰宅。やれやれ

次に行ったら、そのおばさんは違う人の対応中(常連なのかにこやかに、ケラケラ笑ったりなんかして。なろー)で、男の人が対応してくれた。

ちょっとホッとしたのもつかの間、やっぱりそいつもいやーなやつだった。

なんていうか、終始「悪いことすんじゃないよ」という態度なの。

ああ、なんかすっごい納得いかん。
そもそも古物商許可証ってなんなのさ。

正直に言うけど、こんな許可証なんかなくてもネット上で売買は出来る。
やっぱ申請なんかしなきゃよかったかな。
売るために買った物だって、自分の趣味で買ったと主張すればそれで済んでしまうわけだし。

本末転倒というか、かえって申請なんかしたら、自宅に来られ、身元を調査され、挙句に盗品を売買しないように、警察に監視してください、と言ってるようなものじゃないのか。
正直者がばかをみるような。

古物の場合、身元が明らかな人から仕入れるように、みたいに言っていたけど、そんな許可証を持っていても持っていなくても、悪いことをやる人はやるし、やらない人はやらないだろう。
だいたい、古物でも新品でも、お店で売られている品物の流通経路なんか気にして買わないと思うけど。
どこかに「盗品」のタグでもついているっていうのか?

一体何を信用しろ、というんだろうね。

<<前の日記へ ペロリさんの日記一覧へ
コメントを書く
 絵文字

























マカフィーアンインストールをする理由

Javaアンインストールするには?

マカフィーアンインストールをする理由

[PR]
by itsukivill | 2010-02-03 13:50
<< 結構いいけどね 左左目〇〇オレ 目〇〇オレ >>